TOP 日記 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  21 22 23 24 25 26
24日目

会長はペットの世話、
スケは食事の支度、
カクはスケが風邪気味のようなので、交代しようかと申し出たが
「例え肺炎にかかっていても、俺の方が上手い」などと言って跳ね除けられましたとさ。

ので、カクは見通しの良いところで、例の方法を試すことにした。
地下だけど。
…あんまり成功して欲しく無い気もするなぁ

えーと…
『応援要請』…?

何かが体から減ったような感覚の後、頭の中に声が響いた
『今なら誰かに盛大に応援されそうな気がします!』
…え?

なんとなく、携帯を取り出す。それが一番いいような気がしたのだ。
圏外。
そのまま無視して、電話帳から相手を選択し…
プルルルルル♪
あ、呼び出…
『どこで何やってんの!!』
「ああっ;す、すみませんっ!」
電話から飛び出した、前会長秘書・弓の怒鳴り声にカクは反射的に謝った。
状況把握能力に長け、もしもこの場に来てしまっても危険にも対処できそうな人を…
と思ったのだが、やはり別の人の方が良かったかなぁ;
『現状報告!』
「会長もスケさんも一緒です。身柄は拘束されていません。怪我は多少ありますが、いずれも軽傷です。
 経緯ははっきりしないのですが、誘拐など特に計画された物ではなく偶発的なものかと思われます。
 ただ、現在地がはっきりしません。どこか島のようなところで、未調査の大きな遺跡があります。
 現在は会長の指示でその遺跡の中や外を調査しています。怪我はその際に負ったものです。
 われわれ以外にも人はたくさんいます。そのほとんどは、同じように遺跡の調査をしています。
 現状、島から出る交通手段が無く足止めされているような状況です。」
色々伝えて、色々伏せた。あえて伏せた。草が動いてしゃべるとか伏せた。
正直に伝えると説明できない事が多すぎる;
『わかったわ。こちらで位置特定をするから、電話は切らずにいなさい。』
「わかりました。ただ、こちらには発電施設がないので電源が持たないかもしれません。」
『了解。会長に替われる?』
「はい、少々お待ち下さ…あ。」
獣の気配…;
「すいません。今は駄目です。通話はそのままにしておきますから!」
慌てて会長とスケの方へ駆け出す。
『何、どうしたの?』
携帯は通話状態のまま、シャツのポケットに放り込んだ。
「スケさん!会長!」
こちらが体勢を整えるのとほぼ同時に敵の姿が確認できた。
「虎3頭。ダルいのにやめて欲しいぜ…」
「できれば飼いたいのう。」
「ちょっと厳しいと思いますよ…」
『え?虎って何?…あんた達本当にどこでなにやってんの?!』

†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†
今日のメニュー

スケ:
質素な保存食 を料理し、 風邪によく効く卵酒 をつくりました。
質素な保存食 を料理し、 風邪も吹っ飛ぶ超卵酒 をつくりました。
「なんと烏骨鶏の卵!」

カク:
おいしい草 を料理してもらい、 風邪によく効くミルク酒 を受け取りました。
「俺が風邪引いてるんだから、おまえも飲め!」

会長:
質素な保存食 を料理してもらい、 風邪によく効くヨモギ酒 を受け取りました。
「会長にも、きゅーっと飲んでもらいますよ!」

†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†
  
Copyright (C) 2006- MFJ , All rights reserved.

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス