TOP 日記 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  21 22 23 24 25 26
8日目
親愛なる深雪さん、風邪など引いていないでしょうか?

私達は今、久々に地上にいます。
今まで何日も遺跡の地下で過ごしていたので、外の空気がとても嬉しいです。
何日も、といっても時間の流れがそちらと違うような気がするので、
実際にはどのくらいの時間が経っているのか分かりません。
むしろ何週間も経って、そろそろクリスマスなのでは無いかという気もします。
もしクリスマスになっていたら、プレゼントが渡せないですよね。
ごめんなさい。
帰ったらすぐに渡しに行きます。なま物では無いので心配しないで下さい。

こちらはちょっといつもと違うことがありました。
今までこちらでは草や動物のような生物を追い払っていたのですが
今回、驚いた事に人間に襲撃されました。
まあ、もともとそちらにいる時は会長の警護で人間を相手にしていたので
今までが異常と言えば異常だったのですが。
スケさんはエチゴファイナンスが派遣したのでは無いかと言っていましたが
こんな携帯の電波も届かないような所に派遣してくるでしょうか?
全く別の、例えば単なる金銭強奪目的だったのでは無いかと思います。
肉とビールをずっと摂取していない所為か、調子が悪く、逃げるのがやっとでした。
相手が女性だったのでスケさんが手加減していたのではないかとも思います。

そういえば例の動く草は、何がどうなったのか草団子になっていました。
しかも喋ります。「おっとうっかり」とだけ言えるようです。もしかしたら鳴き声かもしれません。

明日は、会長が疲れたとおっしゃるので休日です。
スケさんは、それならば温泉宿を探すと言っていました。
私としては、宿にビールがあったらとても嬉しく思います。

ではまたお手紙します。
良いクリスマスと新年を。

カクリッヒ・アツミハルト


立ち込める湯気、独特の湿気と香り。
そして広い湯船。
「突然、温泉に連れて来るとは、何かあったんかいのぉ?」
「湯治です。ここのところ風邪ひいたり体調崩していらしたので。かけますよ。」
「うむ、すまんのぅ」
あたたかな湯が、桶からミツクニスの肩や背に流れ落ちる。
「はい、どうぞ。足元に気をつけてください。ハチくんも気をつけて。」
二人が湯船に向かうと、カクも自分の泡を流し後に続く。
「「はああああぁ〜」」
肩まで湯につかると思わず揃ってため息が出た。
草団子のような外見のハチも、心なしか緩んだ笑顔になっている気がする。
「カク、湯加減どうだ?」
まだ体を洗っているスケに問われ、カクは頭に乗せたタオルを抑えながら振り向いた
「とてもいい温かさですよ。冬は温泉に限りますね。」
「おう。まぁ、本格的に長い湯治は出来ないけどな。」
すっかり日本に馴染んだ会話をしながら石鹸を泡立てる。
まぁ、ここは日本ではないのだが。

あーあ。
スペイン人がせっかく相談に乗ってくれたのに、負けちまったな…
備え付けの石鹸を手に取り、泡立てる。
結局、戦闘には負けたものの大した怪我もなく、取られた物も特に重要なものではなかった。
エチゴグループの手先でもなかった。
出来れば洗顔用で洗いたいところだが、無い物は仕方ない。出来るだけ丁寧に細かい泡を作る。
むしろスケとしては湯治の口実と、女性と知り合えたきっかけと言う事で得をしたと言ってもいい。
カクとしてもミツクニスが無事であれば、問題はないのだ。
たっぷり泡が出来たら、泡を潰さない程度の力で優しく洗う。
そして当のミツクニスは
「これハチ!湯船でクロールとは何事か!」
「おっとうっかり。」
「こういう時は『のし泳ぎ』じゃろう。」
いつも通りの様子で、呑気に泳ぎを実践している。
しかし、
スケは泡を流しながら眉をひそめた。
まったく会長は自分の位置ってのが全然わかってないから困るぜ。
髪を濡らし、汚れを流す。予洗いは重要なのだ。
アンタはめちゃめちゃ狙われるところにいるんだっての。
シャンプーはあらかじめ良く泡立てから、指の腹を使って、髪よりも頭皮を洗う。
俺が会長ならもっとSPつけてもっと豪遊してるけどな。
「スケさん、まだ入らないんですか?」
「あ?仕上げ用のシャンプーとトリートメントと洗顔とパックがまだだろ。」
「・・・いつ入るんですか。」

†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†
今日のメニュー

おいしい草 を料理し、 おせちのパーツ1 をつくりました。
おいしい草 を料理し、 おせちのパーツ2 をつくりました。
おいしい草 を料理し、 おせちのパーツ3 をつくりました。

†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†
  
TOP 日記 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  21 22 23 24 25 26

Copyright (C) 2006- MFJ , All rights reserved.

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス