TOP 日記 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  21 22 23 24 25 26
13日目
親愛なる深雪さん、そちらは今何月何日ですか?

こちらに来てから時間の感覚がおかしくて仕方ないのです。
記憶を辿ると、2週間くらいこちらで過ごしているようなのですが
気分的には数ヶ月経っているような気がします。
カレンダーなどはありませんが、出会った人々の会話で
バレンタインデーがどうと言う話題がチラチラと耳に入るのです。
記憶が間違っていなければ、2月の行事だったはずです。
深雪さんにはクリスマスプレゼントも渡せていないのに

帰ったら、渡せなかった分全部まとめてプレゼントします。
だから
もう少し待っていて下さい。

カクリッヒ・アツミハルト


「わしの若い頃は、チョコはまだまだ高級品じゃった。わしは山ほどくうてきたので、最近は飽きた。
だが、もらえるものはもらっておく。それが、経営のTOPにたつ秘訣じゃ。早めに動くのも秘訣じゃ」
「…食べたいんですね?」
「…うむ。」
「わかりました、善処します。」
ミツクニスと専属料理人が何やら相談しているところへ、物資調達に行っていたカクが帰って来た。
「スケさん!聞いてください!」
「どうした?」
何か事件でもあったのか、情報でも得たのか、それとも頼んだ食材が無かっただけか…
「あ、これ。生なので先に」
おにく20 を受け取りました。
「賞味期限の偽装はしていないと思います。」
「そういう怖い事は言わなくていい;…で?」
「恵方巻というのは、恵方を向いて食べるもののようです!」
…一応、情報だったようだが、残念ながら既知の事実であった。
「まあ、そうだろうな。」
「ちなみに今年の恵方は北北西じゃ。…正確にはちょっとずれておるんじゃがの」
ミツクニスも豆知識を披露する。
「うっかりうっかり!」
「うっかりではないぞ。これは古くからある方位と現在の方位における考え方の違いで…」
「さっぱりさっぱり!」

ちなみに今年の恵方巻のレシピはこちら。

材料
スパゲッティ:3人分
海苔:3枚(貼りあわせ済)
エビ・カニ・ツナ:適量
ソースはシンプルにトマトソース(ペースト状)で。

「重要なのはここからです、スケさん。」
「なんだよ。」
カクはちらりと出来上がっている恵方巻に視線を向ける。
「恵方巻は切らずに丸かじりしないといけないらしいですよ。」
「無言でだろ?知って…る」
スケも思わず自分の作品を振り返る。
スパゲッティが海苔より長いので、海苔を貼り合せてから巻いてあるのだ。
……長い。
暫しの間の後、カクが観念したように口を開いた。
「郷に入りては郷に従え、そのままで行きましょう。」
「そう言うならそうするが。」
面白がってロングサイズ(50cm前後)にしなくてよかったなぁ、と思いながら恵方巻を皿に乗せる。
「パスタの時点で郷に入ってない気がするのう…」
「うっかりうっかり!」

「ところで、恵方巻もいいんですが、節分といえば…豆まきですよね、ご隠居。」
スケは何故か懐からモデルガンを二丁取りだし、片方をミツクニスに渡す。
「ご隠居、豆の用意はできてますか?」
小声で言いながら、遊底を引き初豆を装填する。
「……。………。………(もぐもぐもぐ)」
照準の向こうには北北西を向いて、つまりはこちらに背を向けて無言でまるかぶり中のカク
「鬼はカクですからね。思いっきりぶつけると、「フンガー」っていって手を挙げますよ。」
伸ばしていた指を、引き金に掛ける。
「ぷはー。食べきった!スケさん、やはりスパゲッティは無理が…」
パン!パン!パン!軽い音を立て、豆が三発撃ち出される。
「?!」
カクは咄嗟に身を縮めたが、腹部やかばった腕に、衝撃が入る。
「あったりー♪」
パン!パン!パン!歓声と同時に次の豆が撃ち出される。
カツンカツンカツン☆
恵方巻を乗せていた大皿を楯にする。
「何するんですかスケさん!」
「実弾なら死んでるぞ!弓さんに常に気を抜くなって言われてるだろ?」
パン!パン!パン!
コンコンコン☆
ちゃぶ台を立て、陰に隠れる。こちらに飛び道具は無い。この間合いでは圧倒的不利。
コンコンコン☆コンコンコン☆
絶え間ない着豆音に顔も出せない。
ならば…
カクは全身に力をためる。
「フンガー!」
ちゃぶ台が放物線を描かず、一直線にスケに向かって飛ぶ。
「うおっ?!」
横に跳んで、ギリギリ避ける。
「あぶねえな!怪我したらどうす…?!」
ちゃぶ台の後ろから、カクが跳び出す。狙いは銃を持った右手。
気づいたスケは避けるか撃つか、躊躇する…
どたーんばたーん☆
「仲良しじゃのう」
「うっかりうっかりー」

†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†
今日のメニュー

スケ:
おにく20 を料理し、 スケ特製ミートローフ(左半分) をつくりました。
「うん、久しぶりのタンパク質だな。」

カク:
おいしい草 を料理してもらい、 スケ特製ミートローフ(のつけあわせ) を受け取りました。
「スープはたっぷり吸ってるほうれん草のグラッセだからな。」

会長:
おにく20 を料理してもらい、 スケ特製ミートローフ(右半分) を受け取りました。
「熱いうちに食べてくださいね。」

†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†:.。.:゚:.。.:†
  
TOP 日記 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  21 22 23 24 25 26

Copyright (C) 2006- MFJ , All rights reserved.

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス